★特に栄養価の高いフィリピン産モリンガ
モリンガは地域によって色々な違いがあり 育った地域の気温によっても栄養価が大きく異なってくるんです。またモリンガは、アフリカ、インド、フィリピンなどの亜熱帯・熱帯地方に自生する樹木で暖かい地域の植物の為、気温が15℃以下で成長が止まってしまうと言われています。年間平均気温30℃のフィリピンで太陽の光をたっぷりあびてすくすく育ったモリンガは国産のハウス栽培よりも栄養高く濃い緑色です。
★スーパーモデルやセレブ達がフィリピン産を選ぶ理由にフィリピン産のモリンガ(マルンガイ)は品種改良されておらずもっとも原種に近いと言われ、活発で良質なソマチットが豊富に含まれているといわれてます。

モリンガとは

モリンガ

★ 深い緑色なのは、当社独自の生産工程が乾燥機による強制乾燥で栄養価を閉じ込めるからです。天日干しだとモリンガの葉はミネラルでタンパク質ではないのでアミノ酸の生成が期待できないそうです。1週間とか2週間天日干しするとほこりや鶏のふんの混入の危険が高まり品質が落ちてしまいますが安価で出来ます。(他社) 新鮮さの基準は色で深い緑色が一番です。