フィリピン産モリンガが良い理由

モリンガ

平均気温が30度以上の熱帯域で年間4℃程度の気温変化と光度と紫外線量豊富なモリンガの生育に最も適した気候です。

(22度で葉が黄色くなってしまう。)

化学肥料に汚染されていない肥沃な大地で近隣に工場も無く無農薬栽培を行なっております。

品種改良をしていないので原種に最も近く古代ソマチットが豊富なモリンガです。

フィリピンの国菜に指定され、国が生産を後押ししている(国連も奨励しています)

日本人スタッフが常駐する事により、きめ細やかに管理・栽培・収穫されています。